読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

torinos 〔トリノス〕

雑談したり、手芸したり、ジャニーズ愛でたり。

【こぎん刺し】変形うろこ形を刺し終わったのでダイソーくるみボタン15mm作ってみた

はてなさんのアクセス解析をなんとなーく見ていたら、検索から「ダイソー/くるみボタン/15mm/作れない」でこちらのブログに来ていただいた方がいらっしゃって、あー!わかるわー!最初裏の金具ハマらなくて放棄したもんなー!と思ったので、私の作り方を記録しておこうと思います。少しでもお役に立てたら幸いです。

★材料はこちら。
f:id:to_torinos:20150303134440j:image

布は家にあった薄手の綿布。ざっくり8角形に切っていますが四角いままでも全然大丈夫です。 
 
初めてこのキットを使った時に悩んだのが、他の大きなサイズ(22mmとか27mmとか)のキットと違って、ボタン表の金具が打具台に入りにくい、ということでした。
f:id:to_torinos:20150303134530j:image
こんな感じで乗っかってしまいます(笑)。 金具だけでも入りにくいのに、これに布の厚みが加わったら…余計入らないじゃないの!というわけで、
 
①まず打具台を揉みます。1分くらい揉みます。気休めかもしれませんが、冷えていると固いような気がするので。ムニムニ。

f:id:to_torinos:20150303142944j:plain

 
②打具台の上に布→ボタン表になる金具の順に乗せて打具台に押し込むのですが、ちょっとやそっとじゃ入りません。鉛筆で押したり、指で押したりしてみましたが、なかなか入りません。(※金具のフチで指先が切れてしまう可能性があるので、指で押すのはホントにオススメしません)

f:id:to_torinos:20150303144236j:plain

おそらく正しい方法としては、しつけ糸なんかで周りをザクザク縫ってぎゅーっとしぼっておく…のだと思うのですが、しなくてもイケるのでしません。省けるとこは省きます。省エネ。ではどうするのかと言うと、この段階でざっくりくるんでしまいましょう。

f:id:to_torinos:20150303134757j:plain

こうしておくと、金具のフチで指先を切ってしまう心配もありません。
 
③ざっくりくるんだボタンを打具台に斜めに入れます。

f:id:to_torinos:20150303145038j:plain

ここから飛び出ている方を押し込んでいきます。一気に押し込もうと思ってもなかなか入らないと思います。じっくり、ゆっくり、少しずつ押し込んでいってください。全体が入ったけどもう少し押し込みたい!という時はこんな風にペン類で押し込むのもアリです。

f:id:to_torinos:20150303134909j:plain

ムギューっと。

 

④打具台にハマったら、くるんでいた布を開いてください。(↓画像・左)

f:id:to_torinos:20150303150222j:plain

ボタン表の金具が斜めになっていたらペン類でギュギュッと押しておきましょう。(↑画像・右)

押し込んだら打具台の下から一旦柄の出方を確認しておくと良いと思います。

f:id:to_torinos:20150303135020j:plain

※この時点で柄の出方が気に入らなかったらはみ出している布を引っ張って取り出してやり直しましょう。次に押し込む時は1度目よりも格段にラクなはずです。布が慣れるんでしょうね。

 

⑤周りの余分な布を切り落とします。打具台のフチから5mm程度はみ出ているくらいがちょうど良い気がします。

f:id:to_torinos:20150303151921j:plain

 

⑥布を中に折り込んで、さらにボタン表の金具に布をなじませるようなイメージで、ペン類で布を押します。金具のフチに沿わせるようにペンをぐるぐる回しながらこすり付ける、という感じです。(↓画像・左)

f:id:to_torinos:20150303151936j:plain

これくらいなじませておきます。(↑画像・右)

 

⑦ボタン裏の金具をセットして、打具で押し込みます。
f:id:to_torinos:20150303135138j:image

一発でまっすぐしっかりハマったらラッキー(笑)!

力のかけ方が分散すると、斜めに入ってしまったりすると思います(↓画像・左)。そんな時も慌てず、裏金具の持ち手部分を持ってゆっくり揺らしながら取り出しましょう。(今回私は持ち手部分を始めに取ってしまっていたので持ち手がついていた穴にピンセットの先を入れて取り出しました。↓画像・右)

f:id:to_torinos:20150303154350j:plain

ここも何度も斜めに入ってしまってイライラするかもしれませんが(笑)何度も失敗することが逆に良かったりもします。ここでも布が慣れていくんですね。

スポッとハマるとこんな感じです。↓

f:id:to_torinos:20150303155435j:plain


⑧打具台から取り出します。まずは台の下から指で押して、ボタンを浮かせます。

f:id:to_torinos:20150303155726j:plain

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、めちゃくちゃ押してます(笑)。少し浮かせるだけで大丈夫です。浮かせられたら、裏金具の持ち手を静かに引っ張って取り出します。(今回は持ち手の穴にピンセットを引っ掛けて取り出しました)
f:id:to_torinos:20150303135720j:image

 

ハイ、完成~!
f:id:to_torinos:20150303135245j:image


大きなサイズのものよりちょっとだけ手間がかかりますが、私はこんな風に作っています。以上!お粗末さまでしたー!