読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

torinos 〔トリノス〕

雑談したり、手芸したり、ジャニーズ愛でたり。

ミュージカル「クロスハート」を軽く拗らせたっぽいので劇中曲の歌詞をまとめてみた

大阪大千秋楽から早1週間。

www.musical-crossheart.com


つい先日まで1428年のフランスにいたモロちゃんはめまぐるしい早さで今度は宇宙にいるというのに、私はまだリベルテ派の曲が脳内でぐるぐるしていたり。こんなに引きずると思わなかった。ちょっと悔しい。

これだけ観ればお腹いっぱいだろうってくらい観劇していろんなシーンを再現できそうだけど、悲しいかなきっと記憶は薄れるし、おそらく映像化はないと思われるのでここはメモ魔の出番かな、と。

f:id:to_torinos:20170114170805j:image

※こんな感じで観劇しながら殴り書きしたメモ起こしなので諸々ご了承ください。
※パンフレットに掲載されている曲に関しては割愛します。

1幕

 <セザールとアルセーヌの出会い>

大丈夫ですか 怪我をしてる
掠り傷だ たいしたことはない
何があったのですか
ちょっとした揉め事だ
争いが絶えない 日々の暮らし
そんな時代だ 仕方がない
平和で自由な日は いつ訪れるのかしら
そんな時が いつかくればいいけど
手に入れたいわ そんな暮らしを
強いんだね 君は
---------------------------------
「そんな…」
「ありがとう」
「いいえ。気をつけて」
「君も。…あの!君の名前は?」
「…アルセーヌ」
---------------------------------
なんだろう
この胸のときめき 弾む心
見つめられると 時が止まったようで
周りの空気も 景色も変えてしまう
ひと目で恋に落ちた 
君の名は アルセーヌ

 

<ティエリ・エルネスト・ニコラの想い>

届かない想いを胸に
抑えて生きてくことに 慣れたみたい

彼女の想いは わかっているけれど
抑えられない 胸が熱い

強さと優しさの そんなあなたは
遠くにいて叶わない 届かない

見つめ合いたい心なのに
背中を向ける 切ない
このままでも 側にいれればそれでいい
この想いをどこにぶつければいいのか
わかっていても 空を見上げて
閉じ込める 溢れるこの想いを

 

<リュックとカミーユの出会い>

助けてください 追われています
どうした 何があった?
騒ぎに巻き込まれて 逃げてきました
君ひとりで?
そうです 家族は皆殺されました
かわいそうに さあ 僕の家に行きましょう
迷惑ではありませんか…
大丈夫 僕達も君と同じで 両親を殺されました
なんてひどい世の中…
家で 姉が 待っています さあ急いで
ありがとうございます
僕はリュック 君は? カミーユ
---------------------------------
「…カミーユ

 

リベルテ派vsブルゴーニュ派>

リュック 俺の意見に従え
断る 自分の信念貫くまでだ
やめろ 殺られるだけだ(殺られるだけだ)
だから何だ 覚悟の上だ(覚悟の上だ)
力づくでも従わせる そう言ったら…
その時は…
---------------------------------
「戦うだけだ…!」

 

カミーユとアルセーヌ>

風に身を委ね 夕日に染まる
心も時も 静かに流れる
ここにざわめきは似合わない
ここに争いはいらない
自由という言葉が 遠い響きに聞こえてしまうのは何故
生きていることに 意味はあるでしょう
戸惑うのは どうしてなの
教えてください 神様
醜い争いが絶えないことを
お教えください 神様
自由を求めることは 間違いでは ないのに
自由を手に入れるために
争うことは間違ってはいないのでしょうか

お聞きなさい カミーユ
待っていても 手には入らない
望むだけでは どうにもならない
自由を求めるって 大変なことね

手に入れたい 自由を 誰も傷つけず
それは無理かも 争うことも あるかもしれない
もう見たくないわ 争いなんて
だけど避けることができないことも…
---------------------------------
「自由って争わないと手に入らないの?」
「今の世の中、争っても手に入るかどうか…」
「また血が流れるの?」
「血は流さない!…できれば流したくないわ…」

 

<アルセーヌとティエリ>

「あなたは…さっき街で会った…」
---------------------------------
そう ブルゴーニュ派を支持する 私はティエリ
リベルテ派のアルセーヌ 私に何の用です
出来ることと 出来ないことの
区別がつかない 哀れな者よ
やってみないと わからないわ
叶わぬことに気づきもしない
それはまるで恋する乙女
乙女の祈りが通じることも
手に入れられない そうはさせない
お前には自由も そして愛も

 

<アルセーヌ 無念の想い>

叶わなかった この想い
誰かが 受け継いで くれるのかしら
私の血は 途絶えても
誰かが 覚えていてくれるのかしら
たとえ命が尽きても
自由と平和への強い想いは
美しい光となって 時を越えて
自由で平和な時代に 必ずたどり着いて
みんなの笑顔を素敵に 明るく照らすでしょう

セザール わかってる
ほんとは あなたは 優しい人

こんな時代が あなたを変えた
もしも違う時代に出会っていたなら
ふたりで同じ未来を 見ていたかしら
もしも違う時代に 出会っていたなら

 

スポンサーリンク

 

2幕

 <ブルゴーニュ戦士の誓い>

さあ共に戦おう 理想の国を目指して
この剣こそが 道を作る頼り
死など恐れない 我らの熱き思い
この思いは敵の鎧を打ち抜かん

いつの日か必ず
夜明けの扉を叩いてみせよう
我ら ブルゴーニュ戦士の 燃え滾るこの手で

さあ共に戦おう 理想の国を目指して
この剣こそが 道を作る頼り
死など恐れない 我らの熱き思い
この思いは敵の鎧を打ち抜かん

 

ジルベールの思い>

この世の正しさは どこにあるのか
理想と 現実と 人としての思い
正しいこととは いったい何なのだろう
村のみんなを 幸せにするには
どうすれば良いものか

神よ 我らの主よ
どうかお導きください
この村の取るべき道を
神よ 我らの主よ
どうかお助けください
囚われし 私の妻を

 

<晩餐会>

さあ 今宵は晩餐会だ
遠慮なく楽しんでくれ
その後に話し合おう
この村のみんなが幸せになれるように

リベルテ派)
お招きありがとうございます
(ブルゴーニュ派)
お招き感謝致します

みんなの気持ちが どうかひとつになってほしい
それが唯一 私の願いだ

さあ まずはダンスを!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ 席に着きなさい
落ち着いて 食事を楽しみなさい
ここは争いの場ではない 話し合いの場だ
食事の後にこの村の 歩むべき道を話し合うとしよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供のケンカはこれで終わりだ
大人の話をしようじゃないか
心の目を取り払って 本音で話せ
お前達の未来を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「それでは会議を始めよう。
 まずはリュック、お前の意見から聞こうか」
---------------------------------
我々の取るべき道は この村の独立
自由を勝ち取り 平和な村にすること

そんなことは無理な話だ
どちらかの派閥に殺られてしまう
ブルゴーニュ派に属して
村を守ってもらうことが懸命な手段

それは私たちに奴隷の道を選べと言っていることと同じ
従わなければ殺される そんな未来に夢はない
今のこの世に夢を持つことなんて 少女の願い

従えば殺されはしない それがブルゴーニュ
そんなことは信用できない
リュックたちの両親は ブルゴーニュの奴等に殺された
証拠はあるのか 証拠を見せろ
そうに決まってる そうだ絶対
そんなことはどうでもいい
---------------------------------
「どうでもいいだと…?!」
---------------------------------
力があるものだけが この世を生きていける
ならばそれに従い この世に生き残ること
生き残るために 生きているわけではない
力がなければ 力を付ければいい

力があるのか お前たちに
みんなでひとつになれば 必ず生まれる 強い力が
できやしないさ やってみせるさ
できるものか やってやるぜ
できやしない やってみせる 必ず!
---------------------------------
「そこまでだ。
 セザール、どうした?お前の意見はないのか」
---------------------------------
自由を求めるのは 人として自然なこと
平和を求めるのは 人としての権利
だけど今は違う
時代が人権を奪っている
だから わかってほしい
今は耐えることだと
みんな ここはブルゴーニュ派に身を委ねて
命を守ることが 取るべき道だと思う
そしていつか必ず このフランスに明るい光が
1年もすれば 必ずフランスに現れる救世主が
その救世主の名は ジャンヌ…!(頭キーン)

 

カミーユの辛い記憶>

はじめまして
私は カミーユという者です
ほんの2週間前に ここに逃げてきました
---------------------------------
「逃げてきた…?」
---------------------------------
私のいた土地は ブルゴーニュ派に支配されて
自由のない 奴隷のような怯えた毎日
それでも私たちは がんばって働き続けた
そんなある日 私の両親が言った
たったひと言 少し休ませてくださいと
たったひと言 それだけ

次の瞬間 振り下ろされた 銀色に輝く剣
苦しむ父の姿 泣き叫び庇う母親
何度も振り下ろされる銀色の剣は
恐ろしく染まってゆく 真っ赤な色に

動かなくなった私の両親
それでも剣は振り下ろされた
何度も 繰り返された
何度も 何度も 何度も…!

 

<我らはリベルテ

「俺たちの未来のために!」
「「「「「乾杯!!」」」」」
---------------------------------
自由を勝ち取ろう なんとしてでも
どうせ 命を懸けるのならば
生きる価値のある道を選ぼう
預けようこの命を(共に行こう)
僕も預けよう(命懸けて)
抜け出してみせよう 乱れたこの世から
みんなの力合わせ進もう リベルテ

平和な毎日 溢れる笑顔
静かな生活 明るい未来
手に入れるために 立ち上がる今こそ
自由と平和を求める 我らは リベルテ

 

<生きる苦しみ>

神に縋る者が 神を裏切り
人を助ける者が 人を苦しめてしまった
いらぬ命をもらい これからどう生きていく
僕はいったい 誰として
どんな償いを すればいいのか
私をどうか 思い通りに
できることなら 殺してほしい
それは僕も 同じ思い
あのまま死なせてくれていれば
こんなことには ならなかったものを
生きるも(生きるも)
地獄とは(地獄とは)
まさにこのこと(まさにこのこと)
これから どう生きていけば いいのか

 

<ティエリ 復讐の想い>

今でも 変わらない
あなたへの 強い想い
抑えてきたけれど 負けそうな心
もう この私には
失うものなど ひとかけらも残っちゃいない
あるのは ただ 憎しみだけ
今の 私の支えが それだけだなんて
悲しすぎる こんな生き方
 

以上!

これでいつでも脳内再演できる!
同じく軽く拗らせてる方の脳内再演のお役に立てれば幸いです(笑)。

 

スポンサーリンク